歴史 雑記

スタバに大航海時代を見つけた!【スターバックスとセイレーン】

マリ姐
( ゜▽゜)/こんにちは!マリ姐です。

今回は私達の身近なところに大航海時代があったよ~というお話です。

今さらながら気づいた。

最近、スターバックスアーモンドミルク ラテにハマっている私なのですが、ふとカップのマークを見て気づきました。

このロゴ、セイレーンじゃない?

マリ姐
今さら気づいたの?ww
マリねこ
何百回このロゴを見てるのニャ

昔のロゴだとわかりやすい。

セイレーンといえば美しい歌で船乗りを魅了する海のモンスター。英語読みではサイレン(Siren)。

セイレーンから連想するものはやはり航海でしょう。17世紀の大航海時代からコーヒーが世界に伝わり、人々を魅了したって意味でセイレーンにしたのかと思われます。

マリ姐
日本では18世紀末に最初のコーヒーがオランダから長崎に入ってきたと言われているわ。
マリねこ
きっとオランダ東インド会社が持ってきたニャ!

 ちなみに左のロゴが右に変更されたのは、「股を開いている女性がエロい」という苦情が寄せられたからだそうです。そういう視点で見る人の方がよっぽど・・・ねぇ。

マリ姐
いつの時代も過剰反応する人がいるのね。
マリねこ
右では割れ目がなくなってるニャ

最近ではよりアップになって、ヒレは先っぽしかわかりません。だから私もセイレーンだってなかなか気づかなかったのですよ。もしかしてさらに苦情が来たとか?(;'∀')アリエルー

 

最初は魚じゃなくて鳥だった。

wikimedia commonsより

セイレーンはギリシャ神話に登場するのですが、最初は下半身が鳥でした。ギリシャ語で羽根と鱗が同じ単語であったことから、解釈違いが生まれ、後に魚とされたようです。

人魚のような見た目だったり、スタバのロゴのようにヒレが二つに分かれていたり、いろいろな構図があります。

マリ姐
下半身が鳥なのは、見慣れてないから違和感しかないわ。
マリねこ
飛んでいる時、手はどうしてるのニャ?

ゲームとかでは割と鳥バージョンがでてくるようですね。中には羽根とヒレ両方備えているキャラクターもありました。何でもありですねw

 

セイレーンを描いた絵画

そんなセイレーンですが、ホメロスの叙事詩『オデュッセイア』に登場する為、それをモチーフとして描いた絵画が多数存在します。

マリ姐
受験の為に「ホメロス=イリアス、オデュッセイア」という公式だけ覚えたけど、内容は知らない・・・
マリねこ
叙事詩『イリアス』の続編で、トロイア戦争後の10年間に英雄オデュッセウス(ユリシーズ)に起きた出来事をまとめたものニャ

ハーバート・ジェームズ・ドレイパー 『ユリシーズとセイレーンたち』

マリ姐
誘惑している感じがでてるね。口を開けているのは歌っているからかな?
マリねこ
不気味さを感じるほど皆、肌が白いニャ~(;・∀・)

オデュッセウスはセイレーンの対処方法を知っていて、部下には耳栓をつけさせ、自分は歌が聞きたかったので、あらかじめ暴れないようにマストに括り付けておいてもらったんだそう。そして、歌を聞き、「海に行かせてくれ~!!」と暴れたらしい(オイオイ)

だから部下の顔は冷静なのに、オデュッセウスだけ取り乱してる感があるわけですね。

マリ姐
彼には『好奇心は猫を殺す』という言葉を送りたい。
マリねこ
過剰な好奇心によって身を亡ぼすことがあるという意味ニャよ。

また、セイレーンの絵画と言っても、ヒレなしの女性描写がけっこう多いのです。以下の絵画はグロテスク苦手な方は注意!

 

 

 

ウィリアム・エッティ 『セイレーンたちとユリシーズ』 Manchester City Galleries

マリ姐
腐敗した死体に囲まれて歌ってるとか異常ね・・・
マリねこ
ヒレがないニャ

『オデュッセイア』にはセイレーンの外見が描写されていないので、「陸に上がるとヒレが足になる」という解釈で描いている絵画がけっこう多いそうです。ただ、裸婦が描きたくてセイレーンを描く人もいたらしいけど。

実際の遺体を見て描かれた死体の描写と、セイレーン達の陽気な感じのギャップがこの絵画のコワさを際立たせてますね。

 

というわけで、

身近にあったスタバのロゴは、大航海時代を感じるものだったというお話でした。セイレーンのマークがついたスタバカードもある意味、大航海時代グッズというわけですね!

マリ姐
わーい!グッズが増えた~(´∀`艸)♡
マリねこ
だからといって、片っ端から集めるのは止めてくれニャ・・・

さすがに破産するので、それは止めておきますが、スタバのマークを見るたびに、

「大航海時代・・・(* ̄▽ ̄)フフフッ♪」と思うのは止められないでしょう。

以上、マリ姐でした!

↓ポチっとしていただけるとうれしいです♪

-歴史, 雑記,

© 2020 マリ姐は旅をする