オランダ

オランダに来たらとりあえず【クロケット】食べすぎ注意!

投稿日:

( ゜▽゜)/こんにちは!マリ姐です。

次の旅行先が決まりました♪きっと有休の申請は全部は通らないと思いますが、知ったこっちゃありません。私は休みます。

さて、今回はオランダの食について。

オランダは外食が高くつくので、ホテルで朝食をがっつり食べて、あとはお腹がすいたら軽食をとるっていうスタイルなのですが、さすがに3回も行けば情報がたまるので、ちょいちょい紹介していきたいと思います。

オランダの国民食の1つ、クロケット!

クロケット(croquet)とは

簡単に言えばオランダ版コロッケ。マリ姐は日本のコロッケが大好きですが、オランダのクロケットも大好き!1.5ユーロくらいで食べられる軽食です。クロケットの特徴は、衣が厚めでカリカリ(ガリガリ?)な食感。中身はジャガイモではなく、クリーム。これがまたクセになります~(〃v〃)♪

美味しいけど、揚げ物だからカロリーが気になるところ。マリ姐のルールでは1日1個です。

でも同じ日にフリッツを食べているのを私達は知っている!
揚げ物だらけニャ!

オランダに来たら、マリ姐的にはとりあえずクロケットですよ!

 

FEBOの販売機で購入しよう!

街中や駅構内にあるFEBOの販売機で買うのがオランダっ子の定番です。FEBOはハンバーガー、フリッツ、クロケット、ラップサンド、シェイク、ソフトクリームなどを提供しているスナックのお店です。レジもありますが、せっかくオランダに来たのなら販売機で買ってみましょう。

お金を入れて、その列の好きな扉を自分で開いて(けっこう力いる)商品を取る。これだけです。販売機の後ろはキッチンになっていて、人が手動で補充をしています。コンビニの飲料補充と一緒ですね。

中の人はこれを自動ではなく、手動販売機と言っている。
初めて使った時は販売機越しで人と目があってびっくりしたニャΣ(・ω・ノ)ノ!

確かおつりはでなかったと思います。店頭に両替機があるのを見たことありますが、壊れていたので、小銭を用意しておくことをおすすめします。自動なのはお金を入れたら扉があくようになる点だけでは?w

この販売機にどれだけ保温能力があるかわかりませんが、作りたてを様子を見て補充しているようですし、手に取るとアツアツです。

いや~こんな販売機が最寄り駅にあったら、毎日買い食いしてデブまっしぐらですわ。危険過ぎる。東京駅とかでやってSuicaも使えたら回転率高くて、儲かりそうな予感がします。

代表的な中身は牛ひき肉クリームですが、カレーパスタ、インドネシア風焼きそばなど、種類が豊富。私はあえて勘で商品を選んで、中から何がでてくるのかを楽しみにしています。

形も俵型、丸型などあります。

FEBOは大きめな駅舎にはたいていありますし、町を歩いてると見かけることがけっこうあります。アムステルダムだけでも30店舗あります。確実に場所を押さえておきたい人は、公式サイトをチェックしてくださいませ。Locaties>下へスクロールして街名をクリックで一覧表がでてきます。

 

デン・ハーグのおすすめクロケット:Dungelmann

先日の旅行では、販売機以外のクロケットも食べたいな~ってことで、デン・ハーグにある有名なお肉屋&惣菜店、Dungelmannのクロケットを食べてきました。店頭に大きく看板がありますね。

お店の入口からはデリのショーケースが並んでいるのですが、奥に行くと、レジと立食カウンターがあって、注文してから揚げてくれます。ここはビーフクロケットのみだそうです。クラシッククロケットって名前だったかな。

添えられたマスタードをつけていただきました。

外はカリカリ、中はクリーミー!たまりません!
中身ぎっしり!大満足ニャ!

美味しかったなぁ~(人´∀`)ここはまた食べに行きたいです。

Dungelmannはマウリッツ博物館前から徒歩で行くことが可能です。プリンスウィレムVギャラリー(監獄博物館と同じ建物)の裏手にあります。

また、ショッピングモールのPassageにもありますが、ここは飲食カウンターはなく、テイクアウト専門です。ひっきりなしに人が来ていました。

 

クロケットまとめ

クロケットは気軽に食べることができるオランダの国民食。いろんな味を試してみて下さい!くれぐれも食べ過ぎには注意ですよ!

今度は全種類制覇したいわね~
デブること必至ニャ!

↓ポチっとしていただけるとうれしいです♪

-オランダ,

Copyright© マリ姐は旅をする    , 2018 All Rights Reserved.