東京駅近くのおしゃれカフェに行ってきました【Cafe1894】

更新日:

( ゜▽゜)/こんにちは!マリ姐です。

もう11月半ばなのですね。あっという間に年末、そして正月がきてしまう。

伊達巻きいっぱい食べるニャ!

お正月の1番の楽しみです。さて、今回は先日行ったカフェのお話。

 

Cafe1894

先日、母とフェルメール展に行くときにランチはどこにしよう?という話になりました。上野だと駅にあるブラッスリーレカンが定番だったりするのですが、ネットサーフィンをしている時に存在を知り、ずっと気になっていたこのカフェに来てみました。

銀行の窓口が再現されてます。

東京駅地下直結の丸の内ブリックスクエア内、三菱一号館美術館併設のカフェです。1894年に建てられた銀行をできる限り再現した空間で、食事を楽しむことができます。

ここはドラマ『半沢直樹』のロケ地としても有名らしい。
倍返しニャ!

公式サイトからランチは11:00-12:00の枠のみ予約が可能です。人気と聞いていたので、事前に予約をしておきました。しておいて正解。10分前には列ができていて、すぐには入れない人もいました。美術館の入口がブリックスクエアの中庭に面しているのに対し、カフェの入口は道路側だったので、注意です。

外観の写真撮り忘れたわ。
ブロガーの自覚が足りないニャ!

 

店内の様子

これらの席がすぐに埋まりました。

予約した人は、先に入って下さいと言われました。ソファー席に優先的に通されるようです。ソファーはコの字型で、店内を見渡せるのがよかったですね。おそらく3-4人掛けだけど2人で使わせてもらいました。

次から次に人が入ってきたわ。
大人気だニャ~

店員さんは忙しそうでした。

天井が高いので、開放感があり、レトロな雰囲気がステキです。人気がでるのもわかります。夜はバーレストランになるらしいです。

 

メニュー

私達は2人共フィリップス・コレクション展のコラボメニューを頼みました。

限定品に弱い親子・・・
似た者同士なのニャ!

色どり豊かなメニュー

見渡した限り、一番人気はガーデンプレートでしたね。色々のってるし、飲み物付きだからお得感があるかも。あと、作っておいたものをのせるだけのメニューだからオーダーしたらすぐきます。

クラムチャウダーリゾットは通常メニューの限定品で、これも美味しそうだから悩んだんですよね。このメニューはどうやらある程度オーダーが集まってからまとめて作っているようでした。早く来店した人が注文したのですが、くるのが遅かったと母が。よく見てるなぁw

 

限定メニューを食す。

玉ねぎとカリフラワーのポタージュ 生ハムと白ワインのフェッテ添え

ちょっと温かったけど、美味。

ノルウェーサーモンと5種きのこのパートフィロー包み

美術展とのコラボなだけあって、芸術品っぽい。
食べやすさは二の次ニャ

白いのは稲穂を揚げたことによって飛び出た白米。パイ料理は食べにくいものの、美味しかったです。量が足りないんじゃないかと心配してましたけど、芋はあるし、パンもおかわり自由だったから、それなりにお腹は満たされました。

この後紅茶をいただきつつ、店内を観察していましたが、常に入店待ちがいる状態でした。ゆっくりしたい人は、ティータイムの方がいいかも。ディナーの雰囲気も気になりますね。

期間限定のアフタヌーンティーはすぐに予約でいっぱいになるらしい。
気になるニャ!!

 

Cafe1894まとめ

期待通り、レトロな空間を楽しむことができました。スムーズにランチしたい人は事前予約をおすすめします。また、11月から期間限定で、フィリップス・コレクション展とのコラボでアートな夜パフェも提供しているらしいです。私みたいに呑めない人は、夜スイーツ目当てに来てもいいかもしれませんね。

夜パフェは魅力!
ダイエットはどっこにいったニャ!

以上、マリ姐でした!

↓ポチっとしていただけるとうれしいです♪

-

Copyright© マリ姐は旅をする    , 2018 All Rights Reserved.