スウェーデン 北欧 美術館・博物館 観光

入場無料!レンブラント、ルノアールを見に【スウェーデン国立美術館】へ

投稿日:

( ゜▽゜)/こんにちは!マリ姐です。

今日はストックホルムで無料で入れる美術館について!

【こちらも無料!↓】

日本人はほとんど知らない⁉スウェーデン東インド会社とは【スウェーデン海洋博物館】

( ゜▽゜)/こんにちは!マリ姐です。 さて、発作的にオランダの投稿が続いていましたが、北欧レポもあったのでした。まだ1日めも終わってない(;^ω^) 今回は無料で入れるストックホルムの博物館について ...

スウェーデン国立美術館

ストックホルム王宮の対岸に位置する国立美術館。1500年代から1900年代にかけての絵画、彫刻、デッサン、工芸品などが展示されています。

最近リニューアルされたばかりで、入場料無料!!物価の高い北欧ではありがたいスポットですね。

まだストックホルムパス有効期限内なのに、また無料のところに行ってしまいました。

だって、、、

オランダ黄金時代の絵画がたくさん展示されていると知ったらねぇ。
中の人の趣味を考えると仕方ないニャ

この場所はヴァ―サ号の建造場所でもありますが、今は造船所の雰囲気は全然ありません。

スウェーデン最盛期の帆船はなぜ沈んだのか。【ヴァーサ号博物館】

( ゜▽゜)/こんにちは!マリ姐です。 さて、今回は私のストックホルム観光の目玉、ヴァーサ号博物館のレポです! ヴァーサ号博物館とは。 スウェーデン王グフタフ2世の命によって建造された戦列艦、ヴァーサ ...

ここは絵画だけでも11,000点所蔵されているそう。展示作品は頻繁に変わっているのかな?私が今回紹介する作品がいつも展示されているとは限りませんので、ご了承くださいませ。

じっくり見ていたら時間がいくらあっても足りない。。
なので、中の人は16-17世紀をメインに見ていったニャ!

所蔵作品の多い美術館はざーっと見て、気になったら立ち止まるくらいでないと1日が終わってしまう。

そして常に眼精疲労との戦い(;´・ω・)疲れないおめめプリーズ。

 

有名画家の作品が多数!

これは絶対ブロンズィーノの作品よ。
肖像画でどことなく悲しい感じで見つめているのがが彼らしいニャ!

ブロンズィーノ作品はウフィッツィ美術館でもマリ姐の気になる絵画として取り上げました。肌が白すぎるせいなのか、眉が薄いからなのかわかりませんが、悲壮感漂う肖像画を描いているイメージが強いです。

あさイチで行こう!ウフィッツィ美術館

( ゜▽゜)/こんにちは!マリ姐です。 せっかくの連休・・・眠くないのに横にならないといけないなんてつら過ぎる。風邪はひかないに限りますね。。。 全然治る気配がないんですけど。むしろ悪くなってる気がす ...

これはエル・グレコね!
全体的に細く長く描かれていて、暗めだけどはっきりとした赤と青の色使いに特徴があるニャ!

オランダ黄金時代の絵画の部屋!
レンブラントキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ニャ!!

後期の作品は輪郭がぼやけてますね。もうちょっとはっきりしている方が私は好きかなー。

レンブラント作品は思ったより多かったです。ホクホク♪

オランダの日常を描いた何気ない絵画も好きなの。
吊るされたうさぎが生々しいニャ

オランダと違って、フランスのお部屋はとにかくゴージャスで煌びやかな貴族の肖像画がたくさんでした。

これはカトリックとプロテスタントの違いなのか。ほぼ同じ時代のはずですが、明らかに違っていて面白い。

また、私の得意分野ではありませんが、ルノアールなどの印象派の作品もありました。

この時の特別展は北欧の巨匠、デンマークの家具デザイナー、フィン・ユールの展示。

北欧家具に詳しかったら、もっと楽しめたかもしれないなぁ。
中の人の知識は皆無ニャ・・・

 

マリ姐お気に入りの絵画@スウェーデン国立美術館

それでは、毎回恒例(?)マリ姐のお気に入り絵画の紹介です。今回は2作品。

例のごとく独断と偏見です。
苦情は受け付けないニャ

A Scholar Near a Window / Rembrandt

レンブラントといえば光と影の魔術師!!

この絵画は地味ではありますが、少ない色で、光と影が表現されていて素晴らしいと思うのです。絶妙な光と影の表現はさすがレンブラント!!

窓辺というのがフェルメールを思い出すわね。
同じ時代だからお互いに影響を受けているのではないかニャ

 

Queen Marie Antoinette of France and two of her Children Walking in The Park of Trianon

髪型・・・変じゃない?w
かなり盛ってるニャw(;・∀・)

当時の上流階級のヘアスタイルってこんなのが流行りだったんでしょうか?w

そして、なんでこの絵画を選んだかというと・・・

娘がちょーカワ(・∀・)イイ!!
そこかニャ!!

両親はギロチンで処刑されましたが、娘のマリー・テレーズは生涯を全うしたそうです。しかし、その人生は波乱万丈で、Wikiは途中で読むのを挫折しました・・・w

 

ここで紹介した作品はほんの一部です。

これ!!といった目玉のある美術館ではないのですが(見逃してたらスマソ)、有名画家のあまり知られていない作品を見ることができるので、私は楽しめました。

 

 アクセス

スウェーデン国立美術館は地下鉄Kungsträdgården駅から徒歩5分。

ガムラ・スタン(旧市街)の王宮からは徒歩で行くことができます。

また行ったら今度は違う作品が見れるかもね!
もっと時間をかけて観賞したかったニャ~

以上、マリ姐でした!

↓ポチっとしていただけるとうれしいです♪

-スウェーデン, 北欧, 美術館・博物館, 観光

Copyright© マリ姐は旅をする    , 2019 All Rights Reserved.