イタリア 観光 買い物

お菓子やブランドも!イタリア土産おすすめ10選

投稿日:

( ゜▽゜)/こんにちは!マリ姐です。

明日からお仕事復帰です~が、通勤だけで疲れるんじゃないかという不安がいっぱいです。とはいえ、ずっと働かないわけにもいかないので、頑張って行ってきます。もちろん、無理はしません。

さて、イタリア旅行記はようやく折り返したところですが、ここでお土産についてまとめたいと思います。

イタリアでお土産を買う。

一部オランダ土産混じってますがw

イタリア旅行の楽しみの一つはお土産選び!私は毎回買い過ぎてしまうので、トランクの重さが航空会社の規定を超えてしまい、手持ちが増えてヒーヒー言ってます。

それでも中の人はお土産を買うのをやめられないよ。
レシートの枚数がすごいことになってるニャ

そんなわけで、今回は私が今まで買ってきてよいと思ったオススメのお土産を紹介していきたいと思います。重さと価格もできる限り思い出していきます。ランキングではございません。今後、イタリアに行かれる皆様の参考になれば幸いです。

 

①KIKO MILANOのコスメ

フィレンツェのおしゃれな店舗

日本未上陸のコスメブランド。

フィレンツェではドォーモとシニョーリア広場を結ぶ大通りに、ローマだとテルミニ駅の地下に店舗があります。

価格帯は、アメリカのメイベリン、日本だとKATE、インテグレートあたり。口紅、グロスだと大体€6、ネイル€5です。基礎化粧品は日本人に合うかわかりませんが、メイクアップ用品は手がだしやすいのではないかと思います。女友達へなら、使えそうな色のグロスをあげるといいかもしれません。

グロス、口紅がお手頃。

メイクアップアイテムは黒のパッケージが多い。

パックは€4-5くらい。

フェイスマスクはちょっと高めだけど、パッケージはイタリアっぽくてかっこいいわね。
場所をとらないお土産ニャ。

他のパッケージはシンプルでスタイリッシュなものが多いです。レブロンとかに近いかな。店内は常に賑わってました。そして、店員さんはけっこう営業してきますwグイグイですw

ツールが種類あったので、私はコンシーラー用のブラシを購入しました。鼻まわりに使えるリキッドファンデ用の小さなブラシが欲しかったんですけど、日本だとなかなか見かけなかったからうれしかった。ブラシは大体€10-15でした。

バーゲンの時期は30-50%引きになるようなので、運よくその時期に旅行するコスメ好きの人は、是非まとめ買いしてみてください。

 

②nutella B-ready

イタリアといえば、マンマの味ヌテッラ!ヘーゼルナッツペーストに砂糖やココアなどを加えた、チョコレート風味の甘いペーストです。イタリア人はこれをパンにたっぷりつけて食べるそうです。

イタリア男は、マンマの次にヌテッラが好きらしい。
比較対象おかしくないかニャ

日本でも外国製品を売っているスーパーでは最近見かけるようになりましたね。しかしなかなか瓶で買うのは勇気がいる。重いし、全部食べ切れるかわからないし。

そこで、ヌテッラが中に入っている最中のようなお菓子はどうでしょう。お値段は手頃だし、小分けになっているので、バラマキにもいいかと思って買ってみました。私は食べてないんですけどw

これはヴェネチアのCOOPで見かけたんですが、1回使い切りタイプ。これもバラマキによさげですね。

 

③PASTIGLIE LEONEのドロップ

トリノ発祥のドロップ飴菓子。レトロな缶の中に、不ぞろいの小さなドロップがたくさん入っています。店舗によりますが、大体€2-2.25あたりで購入できます。スーパーというよりは土産物屋、バール、タバッキで見かけることが多いかな。イータリーにたくさん置いてあるので、私はフィレンツェのイータリーで一気に買いました。ちなみに購入したのは、これで全部ではありません。もっと買ってます。

なんでこんなに大量に?
マリ姐のおばあちゃんが大好きなのニャ

現在は30種類以上あるらしく、苺やオレンジなどがある中、RABARBARO(ルバーブのリキュール)、PRINCIPE DI NAPOLI(ナポリの王子)など、一体何味?wとわからないものがあるのも面白い。ネタにあげるのもいいかもしれません。

外のパッケージも可愛いですが、中の缶がすっごく可愛いです!↑これはうちにあった缶ですが、とっておきたくなる可愛らしさです~。

何を入れて使ってるの?
机に置いて飾ってるだけニャ

絆創膏を入れるのにちょうどいい大きさかな・・・他に有意義な使い方があれば教えてくださいw日本でも目にすることがありますが、高いですので、現地で買うのがオススメです。

 

④MARVISの歯磨き粉

モデルの梨花さんが紹介してから火がついたとされるこのフィレンツェ老舗の歯磨き粉。人気はホワイトミントらしいのですが、スーパーで売っているのは主にこのクラシックストロングミントのようです。薬局とかに行った方がいいのかもしれません。

メルカリだと85mlが1300-1800円くらいで売ってますね。約3倍。高っ!

というわけで、日本だとお高いですがこちらでは気軽に買える金額です。わかる人へのお土産にすれば喜ばれるかと思います。

 

⑤WITOR'Sのチョコレート

今回買ってよかった!と思ったのがこのWITOR'Sのチョコレート。美味しくてコスパがよい!

濃厚なチョコレートが250g(16粒くらい)入っていて€3です。コーヒーや紅茶とよく合います♪

LINDORが日本と比べるとだいぶ安かったので、買っちゃったけど、全部WITOR'Sにしてもよかったわね。
他にも色々種類があったニャ

有名ブランドBaciと比べると約半額!今度イタリアに行ったら他の種類も絶対買いたいと思います!

 

⑥スープ、リゾットのもと

水を加えて火にかけて出来上がるスープとリゾットのもと。スーパーのプライベートブランドだとこんなに安くなっている時がある!安定のクノールブランドもあります。

スープだと100g、リゾットだと200gくらいの重さです。

リゾットは2人前で入っていることが多く、水分が飛ぶまでずーっとかき混ぜないといけないので、どちらかというと手軽なのはスープの方です。

人にあげるならスープの方がいいかもね~
リゾットは意外と面倒なのニャ

今回はポルチーニと、カボチャ&ポルチーニのスープを買ってみました。

とっても濃厚だったわ~
スープ作るのが面倒な時に使うといいニャ!

 

⑦LEGAMI MILANOの雑貨

ヴェネチアの店舗

LEGAMI MILANOはデザインが可愛らしいステーショナリー、雑貨のお店。ヴェネチアで街歩きをしている時に見つけました。フィレンツェだとドォーモの近くに店舗があるようです(気づかなかった~)

プチプラコスメ、ポーチ、ステーショナリー、携帯グッズなど・・・手頃な価格のものがたくさんあったね。
見るもの全部が可愛くて、長時間店にいられちゃうニャ。

鏡のコンパクト、アウトマイザー、リップバーム、ハンドクリーム

このラジオ飾りたい!

お気に入りの絵はがき

私は両面鏡(片方は拡大鏡)のコンパクト、メッセージカード、あとはこのイラストのハガキを買いました。可愛い!イタリア行った時にチェックするお店の1つになりました。

 

⑧GALLOのアイテム

ヴェネチアの店舗

GALLOはイタリアの高級ソックスブランドです。ここのソックスはカラーバリエーションが豊富で上品でおしゃれ!なのです。ヴェネチアの街歩きしている時に見つけて入ってみたら、当たりでした。子供用ソックスも大人と同じようにカラフルで可愛らしいのです。女性用もあります。

でも靴下は外国人サイズだとお土産として買うのは難しくない?
ソックス以外の商品もあるニャ

帽子、室内履き、セーター、マフラーなどもあります。私は父へのマフラーを探していて、色違いをだしてもらって吟味した上で購入しました。大体2万円くらいだったかな。大切な人へのお土産におススメです。自分へは派手なソックスを!

父のマフラー、気に入ったから奪おうかな・・・
それはもはやお土産ではないニャw

 

⑨絵ハガキ、しおり

これはどこの国に行っても定番。私は古い地図や、美術館で気に入った絵画の絵ハガキを買うようにしています。ハガキは主に自分へのお土産。本を読む人であれば、しおりをあげると喜ばれます。本を読む人曰はく、しおりはいくらあっても困るものではないそうです。

大体美術館にはハガキの横にしおりが置いてあるよね。
絵ハガキより高い時があるのが謎ニャ。

 

⑩トマトペースト、アンチョビペースト、コンソメ

マルタ島にもあったんですが、トマトペースト、アンチョビペーストのチューブ入り。手頃な価格で、プライベートブランドなら€1切ることも。

食パンに塗って、とろけるチーズをのせて焼けばピザトーストの出来上がりよ。
煮込み料理に入れてもいいニャ

場所はとらないのですが、1本200gほどなので、けっこう重いです。液体扱いですので、手持ちでは運べません。注意!

オランダ版でも紹介しました。コンソメは重いですが固形で手持ちができてなおかつ場所をとらないお土産です。イタリアらしいポルチーニがおすすめ。我が家ではスープで大活躍しております。

 

どこでお土産を買う?

安くすませたいのであれば、食品に関してはスーパーが一番です。運よく安売りしていることも!宿泊先の近くのスーパーを事前にチェックしておくといいですね。

また、フィレンツェでイタリア食材を買うのであれば、日本語で買い物ができる中央市場がオススメです。乾燥トマト、乾燥ポルチーニ、パスタのスパイス、チーズ、トリュフ塩など、種類が豊富です。

フィレンツェ中央市場は気軽に通える食の天国♪

( ゜▽゜)/こんにちは!マリ姐です。 世間は年末年始休暇ですか?うちの仕事は365日シフト制なので、関係ありません。 例年通りだと年末年始はヒマで出勤しただけでお金がもらえるボーナス期間ですが、これ ...

というわけで、オススメのイタリアお土産紹介でした。また今度行ったら新しいものを探したいです。

以上、マリ姐でした!

↓ポチっとしていただけるとうれしいです♪

-イタリア, 観光, 買い物,

Copyright© マリ姐は旅をする    , 2019 All Rights Reserved.